寒い季節のリンゴの保存法!

寒い季節に似合うくだものと言えば、リンゴやミカンですね。

寒い時期になるとこたつがある地域ではリンゴがよく食べられると思いますが、だからこそ、冬の間にたくさんリンゴを箱買いする人もいると思います。

そのときに日にちが経ってくるとリンゴがしわしわになってきて、切って食べるともさもさしてきてしまうことがよくあります。

そんなときにはしわしわのリンゴを無駄なく食べるために煮リンゴにすると食べやすいしおいしく食べられるんです。

しわしわになったリンゴを数個皮をむいて鍋に入れ、少しだけお水を入れて蓋に隙間をあけてゆっくりと弱火でコトコトと煮るだけで素材の甘味でとてもおいしい煮リンゴができます。

煮リンゴを買ってきた冷凍のパイシートなどで包んで焼くと簡単にアップルパイができたり、刻んでパウンドケーキに入れたりしてもおいしくなり、何かとほかのお菓子に入れたりできるので応用がきいて便利な食材です。

いつでも常備しておくのが我が家の定番、ちなみに寒い季節に買い物に出たくないときにおすすめなのがミールキットの宅配

自宅まで届けてもらえて助かります^^