いつまでもきれいであるために。

夏になると頻繁にしたくなる洗顔、でもあまりしすぎるとよくないみたいですね。

洗顔をし過ぎると、お肌に必要な皮脂分やNMFや細胞間脂質まで洗い流してしまって、綺麗になりすぎてあまりよくないみたいです。

NMFや細胞間脂質は肌の水分をストックする作用のあるがあるので、洗い流してしまいすぎると、肌から水分が奪われてしまいます。

また皮脂がくっついている箇所に、必要以上に洗顔やオイルクレンジングなどの油分を塗りすぎてしまうと、ニキビなどができる確率がぐんと高くなるんです。

私たちは寝ている間に、成長ホルモンが活発に分泌されるんです。成長ホルモンは、細胞が生まれ変わりやすくするための大切なホルモン、美肌には欠かせません。

紫外線にも気を付けたいですよね。夏だけでなく1年中です。

でも肌への負担を考えると‥ママバターってご存知ですか?赤ちゃんから大人まで使えていいですよ。必要以上の皮脂分を落とすこともなく、いい感じです。